カテゴリー別アーカイブ: WONDER MIRROR

板谷雪枝

自分との対話

【WONDER MIRROR】スピリチュアルアート

Yさん(女性)のイメージ画を描かせていただきました。
ありがとうございました。

板谷雪枝

テーマは「自分との対話」です。
着物を愛している方でしたので、和風なイメージなるかなと想像もしたのですが、思い切り‘和’というよりエスニック感のある世界に思えました。
最初に、女性が向かい合っているのが見えました。
ふたりは同じ人物です。
この世に降りている自分と、ハイヤーセルフもしくはガイドでしょうか。
コンタクトを取り合いながら行く道を見つめています。
剣は、ハイヤーとの強いつながりの象徴です。
細くて長い剣です。
強いけれどマッチョではない、しなやかでピンと張ったような強さを感じたので、この剣や木、橋の形で表現しました。
右側の塔は、Yさんが生まれる時に携えてきた‘誓い’です。
常に平和や優しさを選択しよう、というような内容です。
川の奥から流れてくる三角は、人生に贈られるギフトです。
人との出会いや発見、成長等の喜びがこめられています。
ギフトは人生の然るべきタイミングで自然に開封されるようになっています。
心をオープンにしていると、ギフトに気が付き、受け取ることができます。

Yukie Itaya

帰る場所、拠り所

【WONDER MIRROR】スピリチュアルアート

20150915-01

30代男性のイメージ画です。

テーマは、「帰る場所、拠り所」です。

どこで遊んでどこで冒険しても、旅先で怪我をしても、いつでも帰ることのできるところがあります。

大きな女性のイメージが現れましたが、実在の女性かもしれませんし、見守っている女神かもしれません。
もしくは、自身の中の女性的な安定ややすらぎの感覚かも。

上空には、様々な世界への扉が開かれ、どこへでも自由に行くことができます。

また、その時々の目的に合わせて、いろいろな乗り物を使うことができます。
豪華な気分に浸りたいときの大型客船、遠くまで行きたいときの宇宙ロケット・・・そして、身軽に着の身着のままで歩みたいときの紙飛行機等々。
酷使した乗り物は、この場所へ戻り、癒しのオーラに包まれて回復していきます。

 

いたやゆきえ

深夜に育まれるアイデア

【WONDER MIRROR】スピリチュアルアート

 

板谷雪枝

夜眠っている間に、知恵、アイデア、構想があふれ出てくる様子です。

アイデアの生まれる場所の象徴として、学習机を描きました。
あちらの引き出し、こちらの棚から、先入観をまとわない、自由な考え、思いが飛び出します。
思い思いに散らばるアイデアの断片を組み立てるために、小人達がせっせと働いています。
大勢の小人は全員で一体で、ボスはいません。
机の上では、半切りのサッカーボールを土台に、なにやら交信機のようなものが作られています。
このアイデアはすでに、窓の外に現実化され、稼動しています。
学習机は、自由な構想を練る場所でありつつも、ときに、教科書的になったり、煮詰まってしまう場所でもあります。
自分の頭の外からの刺激が欲しい時には、左の引き出しに生まれたばかりの子猫を投入します。
すると、この猫達は、どこか知らない場所で意外な姿に成長し、意外な場所から姿を現します。
今夜は、ゴミ箱の中から不思議な獣となって飛び出てきました。
小人達は、自分達で放ったものに驚かされます。
けれど、何が出てきても、自分達が仕掛けたものなので、安全です。

 

zeropoint-00

ゼロ・ポイント

【WONDER MIRROR】スピリチュアルアート

板谷雪枝

新しいことを始めようとしている青年アドさん(仮名)のイメージを描きました。


これから何にでもなれる、ニュートラルな位置にいるイメージです。

中央にある成長し始めた水晶は、これからどんどん形を変えていきます。

ブルーのジャケットの青年は、純粋に正当に世界を観察します。
反対側にいるスカートの男性は、ジャケットの青年の中にいる、常識の外の視点をもつ一面です。
扱いによっては、いたずらをする悪い存在にもなりますし、独創的な遊びをもたらすガイドにもなります。

この2人以外にも、周囲には対極なものがあふれています。
たとえば、火と水のボール、新旧を現すと思われるレコードとディスクです。
どれをどのように取り入れて自分の世界を作っていくかは、アドさんの自由です。

奥には宇宙への窓が解放されていて、アドさんが意識的に計画できる以上の望ましい出来事や状況が運び込まれます。

左上の階段から降りてくるのは、これからアドさんの人生に参加してくる仲間達です。
しずく型の中の花は、女性的な愛らしさ、柔軟性のある情熱です。

全体的にキラキラした色合いは、純粋さを表現しています。

絵:板谷雪枝

WONDER MIRROR作品一覧、記事はこちらから
WONDER MIRRORについて

板谷雪枝

ワンダーミラー納品、ヒーリングサロン

【WONDER MIRROR】スピリチュアルアート

20150805-01

「わんたくんのワンダーミラー」イメージ画を、1点納品しました。
ヒーリングサロン「アクアオーラ。」のヒーラーの先生への1枚です。
サロンのクリスタルの上に置いて、写真を撮らせてくださいました(^^♪

この絵の説明はこちらから

ワンダーミラーの絵を描くようになったのはこのサロンがきっかけです。
リーディングを習った場所であり、私にとっても大切なサロンです。

中野のヒーリングサロン、アクアオーラ。ホームページ

板谷雪枝

森の秘密の友達

【WONDER MIRROR】スピリチュアルアート

板谷雪枝

前回ご紹介しました、Aliceさん(仮名)の娘さんHaruちゃん(仮名)のリーディングイメージです。


Haruちゃんは、表に表わさない時にも、内面ではとてもお喋りです。
Haruちゃんの心の中の澄んだ森の中には、たくさんの仲間が集まります。
気持ちの優しい動物や小人、大昔の生き物、妖精、見たこともない形の生き物たち。

Haruちゃんは、言葉だけでなく、たくさんのコミュニケーション方法を知っています。
たとえば、ふだん森では見ることのできないイルカを呼ぶこともできます。
イルカを呼ぶときに必要な泉は、わんたくんが協力して作り出します。
Haruちゃんとイルカがお話するときには、美しい水色のボールを利用します。
ボールはまるで、液体でできた地球にも見えます。
イルカはたくさんの知識があり、お願いすると驚くようなことをいろいろ教えてくれます。
イルカのお話を、Haruちゃんは森のお友達にも聞かせてあげています。

Haruちゃんの隣で、鹿にもたれて眠っているのは、HaruちゃんのママのAliceさんです。
この世界の中では、AliceさんはHaruちゃんと同い年の女の子でした。
お友達かもしれませんし、姉妹かもしれません。
ふたりは、安全な森で、いつも裸足で駆け回って遊んでいます。

絵:板谷雪枝

WONDER MIRROR作品一覧、記事はこちらから
WONDER MIRRORについて

20150712-00

私の場所

【WONDER MIRROR】スピリチュアルアート

板谷雪枝

友人Aliceさん(仮名)のリーディングイメージと、感じ取ったストーリーです。

タイトルは「私の場所」です。


先入観にとらわれず、子供のような好奇心と感情で自分の場所を形成していきます。
この時は、Aliceさんの場所は、ちょっと変わった形の木でした。

幹の中心にあるペンデュラムがAliceさんに適した場所を選んでくれます。

そこに活力である青いエネルギーをともすと、たちまちAliceさんのお気に入りの居場所に形作られます。
この炎は、お友達におすそ分けすることもできます。
今日も、小さな友人が、少しだけエネルギーを持ち帰りました。

時計の文字盤は飛び出て絡み、時間はあってないようなものであり、Aliceさん特有の時を刻みます。

一見役に立たないもの、気まぐれなもので溢れますが、Aliceさんにとっては全て意味のあるものです。

時折、女性らしい美しいドレスや靴、宝石を楽しむこともありますが、いつも必要ではありません。

いつも、大きなカバンに旅の準備がしてあり、視界より更に向こうに待ち構えている楽しい世界を見張っています。

木の根元には、ジャンルがバラバラな本が収納されています。
本の奥には、Aliceさんにとっては予想外な街がいつのまに現れ、白い住人達が出入りしています。
もしかすると、本の中の世界の街や住人かもしれません。

意図したものではありませんが、その街は壊さずに、こんなものがあっても面白いかも?!と許容して放置してあります。

幹に座って本を読んでいるのは、Aliceさんの娘さんのHaruちゃんです。
ママとそっくりな大きな目で、ママと同じくらい自由人です。
ふたりはお互いの自由を尊重することを知っていますが、お互いを自分自身のようにも感じています。

左の大きな葉は眠る場所です。
ここで休息し、たくさんのメッセージを受け取ります。

わんたくんは、この木から生まれたハープが気に入り、ここで毎日演奏の練習をしています。
このハープは気まぐれで、毎日形も音も変わるので、演奏の練習には終わりがありません。

画:板谷雪枝

WONDER MIRROR作品一覧、記事はこちらから
WONDER MIRRORについて

板谷雪枝

夢の中の会議

【WONDER MIRROR】スピリチュアルアート

板谷雪枝

40代男性のリーディング・イメージです。

ここは、古い屋敷の中です。
広くて奥まった部屋がたくさんあります。
小さな召使たちが住んでいて、毎日せっせと屋敷中の部屋を掃除し、明かりをともしています。
男性は常に夢の中でこの屋敷を訪れ、ガイド達から導きを受けてきました。
ガイド達は、人生の大きな指針から、日々の小さな迷いまで、あらゆるレベルで男性をサポートしています。
人生に戻ると、ガイド達のことは思い出せません。
ほんの少しの感覚が残るだけです。
その微かな感覚が、彼の人生にインスピレーションをもたらします。
夢の中での会合を思い出せないでいるとしても、ガイド達は休むことなく彼にサポートを送り続けています。

絵:板谷雪枝

WONDER MIRROR作品一覧、記事はこちらから
WONDER MIRRORについて

板谷雪枝 いたやゆきえ

旅立ちの前の休息

【WONDER MIRROR】スピリチュアルアート

板谷雪枝 いたやゆきえ

とある女性のイメージです。


これから旅立つ女性が、ひと時の休息を取っています。
旅先では、彼女の望む人生の大冒険が待ち構えているので、今は心身じゅうぶんなメンテナンスが必要なのです。
彼女をケアするために空から降りてくるピンクのベールは、誰の目にも見えません。
休息の場所は穏やかな夜です。
温かい風が吹き、ゆったりとした波の音が聞こえます。
じゅうぶんに満足するまで、いつまでも夜は明けることはありません。
時間はたっぷりとあるのです。

WONDER MIRROR作品一覧、記事はこちらから
WONDER MIRRORについて