Yukie Itaya

帰る場所、拠り所

【WONDER MIRROR】スピリチュアルアート

20150915-01

30代男性のイメージ画です。

テーマは、「帰る場所、拠り所」です。

どこで遊んでどこで冒険しても、旅先で怪我をしても、いつでも帰ることのできるところがあります。

大きな女性のイメージが現れましたが、実在の女性かもしれませんし、見守っている女神かもしれません。
もしくは、自身の中の女性的な安定ややすらぎの感覚かも。

上空には、様々な世界への扉が開かれ、どこへでも自由に行くことができます。

また、その時々の目的に合わせて、いろいろな乗り物を使うことができます。
豪華な気分に浸りたいときの大型客船、遠くまで行きたいときの宇宙ロケット・・・そして、身軽に着の身着のままで歩みたいときの紙飛行機等々。
酷使した乗り物は、この場所へ戻り、癒しのオーラに包まれて回復していきます。

 

いたやゆきえ

深夜に育まれるアイデア

【WONDER MIRROR】スピリチュアルアート

 

板谷雪枝

夜眠っている間に、知恵、アイデア、構想があふれ出てくる様子です。

アイデアの生まれる場所の象徴として、学習机を描きました。
あちらの引き出し、こちらの棚から、先入観をまとわない、自由な考え、思いが飛び出します。
思い思いに散らばるアイデアの断片を組み立てるために、小人達がせっせと働いています。
大勢の小人は全員で一体で、ボスはいません。
机の上では、半切りのサッカーボールを土台に、なにやら交信機のようなものが作られています。
このアイデアはすでに、窓の外に現実化され、稼動しています。
学習机は、自由な構想を練る場所でありつつも、ときに、教科書的になったり、煮詰まってしまう場所でもあります。
自分の頭の外からの刺激が欲しい時には、左の引き出しに生まれたばかりの子猫を投入します。
すると、この猫達は、どこか知らない場所で意外な姿に成長し、意外な場所から姿を現します。
今夜は、ゴミ箱の中から不思議な獣となって飛び出てきました。
小人達は、自分達で放ったものに驚かされます。
けれど、何が出てきても、自分達が仕掛けたものなので、安全です。