板谷雪枝

貼り絵イラストのパーツ

書籍や雑誌、ポスター向けに貼り絵のイラストを制作してきましたが、そのパーツを整理してみると、箱いっぱいになりました。

これから、パーツを少しずつご紹介していきたいと思います。
小さなミニチュアの世界です。

ひとつひとつ手に取ると、制作したときとはまた違う物語を感じます。

板谷雪枝

板谷雪枝

森の秘密の友達

【WONDER MIRROR】スピリチュアルアート

板谷雪枝

前回ご紹介しました、Aliceさん(仮名)の娘さんHaruちゃん(仮名)のリーディングイメージです。


Haruちゃんは、表に表わさない時にも、内面ではとてもお喋りです。
Haruちゃんの心の中の澄んだ森の中には、たくさんの仲間が集まります。
気持ちの優しい動物や小人、大昔の生き物、妖精、見たこともない形の生き物たち。

Haruちゃんは、言葉だけでなく、たくさんのコミュニケーション方法を知っています。
たとえば、ふだん森では見ることのできないイルカを呼ぶこともできます。
イルカを呼ぶときに必要な泉は、わんたくんが協力して作り出します。
Haruちゃんとイルカがお話するときには、美しい水色のボールを利用します。
ボールはまるで、液体でできた地球にも見えます。
イルカはたくさんの知識があり、お願いすると驚くようなことをいろいろ教えてくれます。
イルカのお話を、Haruちゃんは森のお友達にも聞かせてあげています。

Haruちゃんの隣で、鹿にもたれて眠っているのは、HaruちゃんのママのAliceさんです。
この世界の中では、AliceさんはHaruちゃんと同い年の女の子でした。
お友達かもしれませんし、姉妹かもしれません。
ふたりは、安全な森で、いつも裸足で駆け回って遊んでいます。

絵:板谷雪枝

WONDER MIRROR作品一覧、記事はこちらから
WONDER MIRRORについて

20150712-00

私の場所

【WONDER MIRROR】スピリチュアルアート

板谷雪枝

友人Aliceさん(仮名)のリーディングイメージと、感じ取ったストーリーです。

タイトルは「私の場所」です。


先入観にとらわれず、子供のような好奇心と感情で自分の場所を形成していきます。
この時は、Aliceさんの場所は、ちょっと変わった形の木でした。

幹の中心にあるペンデュラムがAliceさんに適した場所を選んでくれます。

そこに活力である青いエネルギーをともすと、たちまちAliceさんのお気に入りの居場所に形作られます。
この炎は、お友達におすそ分けすることもできます。
今日も、小さな友人が、少しだけエネルギーを持ち帰りました。

時計の文字盤は飛び出て絡み、時間はあってないようなものであり、Aliceさん特有の時を刻みます。

一見役に立たないもの、気まぐれなもので溢れますが、Aliceさんにとっては全て意味のあるものです。

時折、女性らしい美しいドレスや靴、宝石を楽しむこともありますが、いつも必要ではありません。

いつも、大きなカバンに旅の準備がしてあり、視界より更に向こうに待ち構えている楽しい世界を見張っています。

木の根元には、ジャンルがバラバラな本が収納されています。
本の奥には、Aliceさんにとっては予想外な街がいつのまに現れ、白い住人達が出入りしています。
もしかすると、本の中の世界の街や住人かもしれません。

意図したものではありませんが、その街は壊さずに、こんなものがあっても面白いかも?!と許容して放置してあります。

幹に座って本を読んでいるのは、Aliceさんの娘さんのHaruちゃんです。
ママとそっくりな大きな目で、ママと同じくらい自由人です。
ふたりはお互いの自由を尊重することを知っていますが、お互いを自分自身のようにも感じています。

左の大きな葉は眠る場所です。
ここで休息し、たくさんのメッセージを受け取ります。

わんたくんは、この木から生まれたハープが気に入り、ここで毎日演奏の練習をしています。
このハープは気まぐれで、毎日形も音も変わるので、演奏の練習には終わりがありません。

画:板谷雪枝

WONDER MIRROR作品一覧、記事はこちらから
WONDER MIRRORについて

板谷雪枝

夢の中の会議

【WONDER MIRROR】スピリチュアルアート

板谷雪枝

40代男性のリーディング・イメージです。

ここは、古い屋敷の中です。
広くて奥まった部屋がたくさんあります。
小さな召使たちが住んでいて、毎日せっせと屋敷中の部屋を掃除し、明かりをともしています。
男性は常に夢の中でこの屋敷を訪れ、ガイド達から導きを受けてきました。
ガイド達は、人生の大きな指針から、日々の小さな迷いまで、あらゆるレベルで男性をサポートしています。
人生に戻ると、ガイド達のことは思い出せません。
ほんの少しの感覚が残るだけです。
その微かな感覚が、彼の人生にインスピレーションをもたらします。
夢の中での会合を思い出せないでいるとしても、ガイド達は休むことなく彼にサポートを送り続けています。

絵:板谷雪枝

WONDER MIRROR作品一覧、記事はこちらから
WONDER MIRRORについて

板谷雪枝 いたやゆきえ

旅立ちの前の休息

【WONDER MIRROR】スピリチュアルアート

板谷雪枝 いたやゆきえ

とある女性のイメージです。


これから旅立つ女性が、ひと時の休息を取っています。
旅先では、彼女の望む人生の大冒険が待ち構えているので、今は心身じゅうぶんなメンテナンスが必要なのです。
彼女をケアするために空から降りてくるピンクのベールは、誰の目にも見えません。
休息の場所は穏やかな夜です。
温かい風が吹き、ゆったりとした波の音が聞こえます。
じゅうぶんに満足するまで、いつまでも夜は明けることはありません。
時間はたっぷりとあるのです。

WONDER MIRROR作品一覧、記事はこちらから
WONDER MIRRORについて