20150712-00

私の場所

【WONDER MIRROR】スピリチュアルアート

板谷雪枝

友人Aliceさん(仮名)のリーディングイメージと、感じ取ったストーリーです。

タイトルは「私の場所」です。


先入観にとらわれず、子供のような好奇心と感情で自分の場所を形成していきます。
この時は、Aliceさんの場所は、ちょっと変わった形の木でした。

幹の中心にあるペンデュラムがAliceさんに適した場所を選んでくれます。

そこに活力である青いエネルギーをともすと、たちまちAliceさんのお気に入りの居場所に形作られます。
この炎は、お友達におすそ分けすることもできます。
今日も、小さな友人が、少しだけエネルギーを持ち帰りました。

時計の文字盤は飛び出て絡み、時間はあってないようなものであり、Aliceさん特有の時を刻みます。

一見役に立たないもの、気まぐれなもので溢れますが、Aliceさんにとっては全て意味のあるものです。

時折、女性らしい美しいドレスや靴、宝石を楽しむこともありますが、いつも必要ではありません。

いつも、大きなカバンに旅の準備がしてあり、視界より更に向こうに待ち構えている楽しい世界を見張っています。

木の根元には、ジャンルがバラバラな本が収納されています。
本の奥には、Aliceさんにとっては予想外な街がいつのまに現れ、白い住人達が出入りしています。
もしかすると、本の中の世界の街や住人かもしれません。

意図したものではありませんが、その街は壊さずに、こんなものがあっても面白いかも?!と許容して放置してあります。

幹に座って本を読んでいるのは、Aliceさんの娘さんのHaruちゃんです。
ママとそっくりな大きな目で、ママと同じくらい自由人です。
ふたりはお互いの自由を尊重することを知っていますが、お互いを自分自身のようにも感じています。

左の大きな葉は眠る場所です。
ここで休息し、たくさんのメッセージを受け取ります。

わんたくんは、この木から生まれたハープが気に入り、ここで毎日演奏の練習をしています。
このハープは気まぐれで、毎日形も音も変わるので、演奏の練習には終わりがありません。

画:板谷雪枝

WONDER MIRROR作品一覧、記事はこちらから
WONDER MIRRORについて